昨日の泥

けれど夕日はお前と仲間の髑髏を映す

一人称

日記

曜日の感覚が希薄。ポジティブに捉えると「月曜が憂鬱ではなくなった」とも言える。

昨日、野球中継を5分くらい見たんだけど、母の日にちなんで選手がどこかにピンクのものを身につけていた。バットがピンクの選手もいた。一番目立っていたピンク(というかマゼンタあるいはフクシャ)はアンパイアのフェイスマスクだった。

いろいろ

相手にとっての立場を一人称にして話したことがない。具体的には塾講師や家庭教師をしていたときに自分を「先生は」と言わなかったし、妹にたいして「お兄ちゃんは」と言ったこともない。どちらもきもちわるくて無理。知り合いの子供にも「おじさんは」って言わないし、子や孫や姪や甥もいないので「お父さんは」「おじいちゃんは」「おじさんは」って言うことはない。子や孫がいたとしても言わないんじゃないかと思う。

五輪で世界中から変異株が集まって、なんかすごい変異株ができてしまうんだけど、それに罹った人は症状がなく、それどころか身体能力・思考力・記憶力が向上し、病気にならなくて寿命も伸びてしまう。ただしすでにワクチンを打った人はこの変異株に罹らない…というおとぎ話はどうだろう。

f:id:motomachi24:20210511001707p:plain 「この程度のさざ波」発言を見て「さざ波」って全部ひらがなで「さざなみ」と書くと空母の名前みたいだなと思った。調べたら護衛艦だが実在した。あとさざ波を漢字一文字で書くと大杉漣の漣だということも解った。