昨日の泥

けれど夕陽はお前と仲間の髑髏を映す

賛成も反対もしたくない

い・ら・す・と・や、いらすとや

日記

PS5 が届いた。とりあえず昨夜は初期設定のみ。増設用の SSD もそのうち買おう。それはそうと次のプレイステーションは6にならないような気がする。なんか6ってもっさりしてるから。PS6 という名前だとなんかすぐに壊れそう。

昼休みに PS5 の増設用 SSD をアマゾンで物色し、同じメーカーで [速さ普通と速め] × [容量 1TB と 2TB] の4パターンまで絞り込んだ。価格は1万から2万円の間。さあどうしたものか。

電話番号の読

かつてレディース・アデランスの電話番号の下4桁は0930で「オクサマ」とふりがなが振られていた。

今も同じ番号だけど「オクサマ」には触れられない。オクサマだとなにかまずいのだろうか?あるいは 0930 でオクサマと読むのは無理があるって判断だろうか。

無関心の銘

私は世間で話題になっていること問題になっていることに対して「興味がないし興味を持ちたくないので賛成も反対もしたくない」というスタンスで臨みがちだ。

このスタンスに短い名前をつけて欲しい。

"積極的無関心" あるいは "攻撃的無関心" だと角が立ちそうなのでもっとかわいい名前がいい。

責任の無

フィリピンで逮捕されて日本に送還された容疑者が仲間内で漫画のキャラクタ名をコードネームとしていたため、報道では頻繁に「〇〇逮捕」のようにそのキャラクタ名で呼ばれているらしい。「〇〇を名乗る容疑者」ではなく。

そのことに対してネットでは "犯人らは(作者)先生に損害賠償を支払うべき" という意見も見られた、という記事があった。

これは意図的に採用された意見だろう。作品の価値を損ねているのは犯人よりもメディアだ。自分たちの責任に触れられたくないのだろう。

手巾の奇

"ハンカチで手を拭いている人"(出典:いらすとや)

「トイレで上司にハンカチを貸してと言われて嫌々ながら貸した」といったラジオへの投稿に対してナイツ塙が「ハンカチを貸してというのは常識がない」と言ったらしい。

しかしながら「常識がない」で済まされるのは貸す方の人だ。借りる方は「常識がない」どころじゃなくて「頭がおかしい」のだ。

順番の妙

おかしかったとか言うと怒られるかもしれないけど、あるところで知らない人たちが話していた、

「LGBTQってどうしてLが最初なの?」
「レディ・ファーストじゃないかな」

って会話がおかしかった。

大根の桂

お祭りの夜店で「桂むき屋」があったよね。知らない?大根を持っていくと桂むきにしてくれるの。大根の太さに応じて桂むきの長さが決まっていて、それを下回ったり途中で切れたりするとお金が帰ってきたよね。

いやそんな店はなかった。いま思いついただけだ。そもそもお祭りなんてものはございません。


それでは、また明日。

真ん中の大地、本州!

「毒舌」と呼ばれている発言の半分以上はただの「ぼやき」だ

日記

今日も晴れている。最高気温は -1 度まで上がるとのこと。どうりで寒くないはずだ。

今日、PS5 届くらしいんだけど、どのゲームを買うかまだ決まってない。

偽作の是

「パロディとパクリの区別がつかない人がいる」という言葉はちょっと疑わしいと思ってる。

まずもって「パロディはパクリ」であり「パクリは良くない」が前提なのではなかろうか。

パロディはパクリでありパクリは良くないが、だからよくできたパロディは面白いしできの悪いパロディはただただ悪いのだ。

消費量の順

都道府県別の「一世帯あたりの[料理名]の消費一位」の座に固執する理由はなんだろう?いや、その料理の関係者なら生活がかかってるのだから当然だろう。ただ一般消費者まで固執する理由が解らない。

消費が増えることで参入店が増えて、競争により品質向上や価格の低下が期待できるのかもしれないけど。あと外部からその料理を目当てにした観光客が増えるかもしれないけど。あとその料理にまつわるイベントが増えて経済が活性化するかもしれないけど。

意外とメリットあるな。

摂氏の差

華氏から摂氏への変換は「32を引いて 1.8で割る」だ。

このことから華氏の1度と摂氏の1度は温度の幅が違うということがウサギでも解るぴょん。それはつまり摂氏と華氏が一致する温度が当然あるということだ。これは小学校を卒業した人なら誰でも余裕で計算できるだろう。-40 だ。

よって「今日の気温は -40 度です」というときは摂氏か華氏か気にしなくて良い。そんな発言をする機会はなさそうだけど。

赤字の額

先日なくなった元知事の名を見るたびに、元知事の最大の失敗である「世界・食の祭典」のことを思い出す。

Wikipedia 見たら「世界・食の祭典」の赤字額は100億以下らしい。大きな額ではあるが、東京オリンピックの「なにに使ったかわからないよーん」でごまかしているふざけた不明金の額に比べたらかわいいもんだ。

トラウトが12年で455億円の契約らしい。100億円だと2.6年分だ。

奇矯の呼

ツイッターはときどきネット用語を使うことに夢中な方々に「バカッター」と呼ばれたりする。世に潜むバカが炙り出されるからという理由だったと思う。そんな呼び方を喜んで使ってるおつむの幼い方々の方がよっぽど…

だったらインスタグラムやティックトックはどうなんだろう?そのような間抜けな呼び方はあるのだろうか?アホスタグラムとかマヌケトックみたいななんの捻りもない呼び方があるのだろうか。

外野の声

「現役最年少棋士が対局会場間違え不戦敗した」というニュースにも「プロとしての自覚が足りない」とか「理由をファンに説明する義務がある」とかきいきい喚くお河馬様がいらっしゃるのかな。

いないと思うけど。

巨大島の賛

"多少簡略化した北海道・本州・四国・九州・沖縄が入った、日本の地図"(出典:いらすとや)

でっかいどお!本州!

本州は四国の12倍、九州の6倍、北海道の3倍もある巨大な島です。当然、他の島より豊富な自然環境に恵まれています。

真ん中の大地、本州!雄大な自然、本州!

光速の上

かなり前の話だけど「こんな流しそうめんは嫌だ」という大喜利で及川広大が「時速6兆キロ」と答えていた。光速はざっくり 時速11億km なので6兆キロはありえない。光より約 5454 倍早いことになる。

似たようなのがもうひとつある。どんなお題で誰が答えたかも忘れたけど「マイナス500度」という答えがあった。絶対零度は摂氏で約 -273℃、華氏で約 -460°F なのでいずれにしても -500度はない。


それでは、また明日。

旧庁舎は長期工事中

予想:笑点の新メンバは たぬき なんとか家とかなんとか亭とかつかないただの たぬき

日記

晴れてるしそんなに寒くない。通勤途中にある道庁前の広場アカプラには臨時のスケートリンクができていた。

道庁の敷地内にも雪まつり客を対象とした旧庁舎(赤レンガ)の撮影場所が用意されていた。ただ、旧庁舎は長期工事中のため 1/1 スケールのパネルで覆われている。それでも観光客様は記念撮影をしていた。なんかすまん。

野蛮の極

聖バレンタインズ・デイにはびこっていた、いわゆる「義理チョコ」という未開のくだらない習慣がなくなりつつあるらしい。

職場等での意味のない配布は贈る方・受け取る方の双方にとって何の得にもならないくだらない因習なので亡くなるのは。良いことだ。

前の勤め先ではこの野蛮な因習が残っていたか、今の勤め先にはそのようなくだらない習慣はまったくない。

絶滅危惧の漏

"大音量の音楽がヘッドホンから音漏れして周りの人達が迷惑している"(出典:いらすとや)

そういえばここ数年、乗り物の中でイヤフォンのシャカシャカという不快な音漏れが聞こえてくることが少なくなった。

でかい音量で聞かないと気がすまないお河馬さんは常に一定の割合で存在していそうなので、この変化は聞く道具の変化だろう。ということはあのろくな音がしないしょうもない安イヤフォンが絶滅しつつあるのかもしれない。そのうち安イヤフォン保護団体が現れるかもしれない。

寸借詐欺の屑

貧乏学生のころ学会の帰りの夜行列車が駅についたときに関西イントネーションの年配のご婦人に500円貸してと言われて貸したことがある。その500円は帰ってこなかった。

それ以来、関西イントネーションのご婦人に対しては最悪の印象しかない。全員泥棒だと思っている。

非公開の言

政治家やその関係者がオフレコードで話した内容が問題となっている件について、信頼関係を損ねる行為だという批判をする人もいるらしい。そういう批判をするのは全員オフレコードで酷いことを言ってる人だ。

そのような批判に対しては、だったら最初に「オフレコで」と言えば、発言者はどんなことを言っても許されるのか?という疑問が強く残る。

紅玉の石

寺尾聰ルビーの指輪」の歌詞で気になる部分がある。「そうね誕生石ならルビーなの」だ。どういう質問をしたらそんな答えが帰ってくるのだろう?

「誕生日を教えて」
「嫌だ教えたくない」
「だったら誕生石だけでも」
「そうね誕生石ならルビーなの」

とか

「好きな宝石は?」
「宝石とか詳しくないし」
「知ってる宝石でも良いから」
「そうね誕生石ならルビーなの」

とかかな。

節分の豆

「みんなの家では豆まきをしてるのにどうしてうちはやらないの?豆まきしたいよ」
「よそはーよそ!うちはーうち!」

出演依頼の断

私はテレビ局からの出演オファーを断ったことが一度もない。それには理由がある。出演オファーなど一度もないからだ。

ではどうして私に出演オファーがないのか?それは出演を依頼されるようなことをしたことがないからだ。今後も出演を依頼されるようなこととは無縁な日々を過ごしたい。

真意の真

ひどいことを言った人が自己弁護したりひどいことを言った人を関係者がかばうときに「誤解を与えるような発言」をしたと言い訳することが多い。

「ひどいことを言ったのではなく、聞くほうが馬鹿だからひどいことを言ったように思われてしまった。悪いのはこちらではなく、馬鹿な君たちなんだけど、馬鹿が誤解しないよう配慮しなかったこちらも責任が少しある」と言いたいのだろう。

だったらせめて「誤解を与えるような発言」を詫びるときは「発言者の真意は〇〇であった」が「多くの人に〇〇であると誤解させてしまった」を説明することを義務付けよう。

説明しないやつは電気ショックな。びりびりびり


それでは、また明日。

物が届く半年前に払わされていた

日記

昨日も今日も部屋のあちこちにルーシー対策を講じている。部屋中がダイソーで満たされていく。

昼は買い物のついでに近所のラーメン屋さんで激辛みそラーメンを食べた。この店はラーメンと一緒にゆで卵がでてくるのだが、このゆで卵が毎回必ずむきにくい。殻に白身が持っていかれるし、逆に薄皮が取れず殻が残ってるのを見逃したりする。せめて、ラーメンを待ってる間にゆで卵がでてきてくれたら時間をかけてむくことができるのだが、同時にでてくるのでラーメンが熱いうちにむこうとして余計むきあがりが悪くなる。この店を知った頃からずっと変わりない。

帰ってから HHKB 無刻印雪 のキートップを外して掃除した。半分くらい外したところでキートップを抜く道具が折れてしまって途方にくれたが、マイナスドライバ2本を使って残りのキートップを外した。無刻印なのでキー配置は気にしなくてよいのだが、段によって形が違うのでもとに戻すときに苦労した。

5月に発売開始された音楽系の機材3つを買ったら入荷が遅れて6月、10月、12月とばらばらに届いたという話を前に書いたけど、後に届いた2つ分のカード引き落としがまだなので不安になって遡って調べたら最初のが届いた時点で3つ分が引き落とされていた。物が届く半年前に払わされていたのか。

箝口令の穴

"大喜利をしている人達"(出典:いらすとや)

今日発表となる笑点という日本のテレビ番組の新しい出演者の名前が厳重に伏せられているそうだ。その収録が昨日行われたとのこと。

その収録の場にいた客から漏れたりすることはないのだろうか。

威勢の謎

人は自分が何かを食べられないことを話すときになぜか威張る傾向がある。あれってなんなんだろう?

例えば俺様はレーズンとかいうくだらねぇ食い物が食えねぇんだ、どうだ偉いだろ?


それでは、また明日。

そこそこ人が入っていて安心した

日記

昨日、今週の相棒を見たんだけどなかなか良い回だった。

近所のスシローに行ってきた。いつもより若干少なかったが、早い時間にしてはそこそこ人が入っていて安心した。フリーで回っている寿司がなく注文された寿司だけが回っていた。

途中、うっかり注文を一皿取りそこねてしまった。また回ってきたら取ろうと思っていたら店員さんが持ってきてくれた。長い時間レーンに乗せておけないことになっていたのかもしれない。手間を掛けさせてしまって申し訳なかった。

存在の義

"商売繁盛の縁起物としてお店の前に飾られるタヌキの置物"(出典:いらすとや)

そういえば「置き物」って変な言葉だ。大抵のものは置いてある。置き物は何が違うかというと、置いてある事自体が目的の物であるという点だ。「存在するのが仕事」となっている。

置き物は存在するのが仕事、赤ちゃんは赤いのが仕事。

新設校の怪

地方の学校が合併して新しい校名を決める際に、募集制にしたのに1名しか挙げていなかった校名に一度決定したものの住民の反対でひっくり返ったという地方ならではの出来事があった。

気になっているのは決まりかけた校名を提案した人がその地方の有力者だったのではないかという点だ。決定しようとした人たちと案を出した人の間に何らかの関係がなかったのかを追求する動きが全然ないというのもまた地方ぽい。とても怪しい。


それでは、また明日。

性格を気まぐれにする何か

夢グループの石田社長と保科さん、映画化。ハリウッドで。

日記

雪はやんだけど寒い。

街に観光客様が戻ってきたので、チェーン店以外の飲食店が混んでいる。観光客様以外の地元民はチェーン店に流れてきてやはり混んでる。昼食難民になってしまった。別の店に行ったら電子マネーが使えなくて千円札もなかったので食券が買えなかった。結局いつもの勤め先横のコンビニにいつもより遅い時間に行ってほとんど選択肢のない弁当から無難なものを選んだ。

久しぶりにギターを買ったらもっといろんなのが欲しくなって、廉価版メーカーや中古を物色している。買わないけどな。

実際にそう言ってる人が居たらごめんだけど、いくつか持っている中で最も頻繁に弾くメインの楽器を「正妻」と呼ぶのって気持ち悪い。自分の楽器を紹介する投稿ページにそういう人がよくいる。どう呼ぼうと勝手だろうと言われればその通りとしか言いようがないが、こっちだってそう呼ぶことを気持ち悪いと言うのは勝手だろう。

物を人に例えて表現するのは二重の意味で気持ち悪いと思っている。乗り物を「この子」と呼ぶのとか。この辺の話はいつか整理したい。

衝撃の破

がんばれロボコンに出ていたロボパーというロボットは基本的になにもしないロボットで、なにか精神的なショックを受けると「ショックのパー」と叫んでばらばらになる。

それはいいのか?

料理長の菜

"山盛りのサラダ"(出典:いらすとや)

シェフが気まぐれで作るのはいつもサラダだ。他のものも気まぐれれば良いのに。

何を作るかは気まぐれじゃないようだ。サラダにはシェフの性格を気まぐれにする何かが潜んでいるのかもしれない。

腐敗の謔

「それってあなたの感想ですよね」という間抜け御用達フレーズが擦られすぎて「そんなの関係ねぇ」とか「3の倍数でアホになる」みたいな往年のギャグ扱いされつつある。往年のギャグと違って面白くもないし中身のない言葉だが。

早く腐れ腐れ。

そういえば「それってあなたの感想ですよね」となんとかって人が言ってるのを聞いたことがない。というかその人が喋ってるのを見聞きしたのは学校かどこかの CM くらいだ。文字でもパロディとしてあるいは発言に対する批判として間接的にしか目にしていない。本当にそんなことを言ってるのかな。あとそのなんとかって人は実在の人物なのかな。


それでは、また明日。

たぶん一生解らない

デヴィ漁港夫人会(デヴィ夫人

日記

そこそこ雪がふっている。あと寒い。

"火災を自動で感知して消防機関に通報する、天井につけるタイプの火災探知機"(出典:いらすとや)

そういえば昨日、アピアのカレー店で火災があったらしい。通勤に前を通る店だ。昨日の帰宅時に見てみたら臨時休業となっていた。斜め前の台湾茶の店も臨時休業となっていた。なにか影響があったのだろうか。以前、北口の飲食店で火災があったときにダクトから煙や煤が流入して近くの飲食店が休業になった記憶がある。同様に巻き添えを食ったのかもしれない。でもカレー店正面のオムレツ屋さんは営業していたな。

今日も帰りにそのカレー店の前を通ったら普通に営業していた。立ち直りが速い。

ブルーレイレコーダーが有線 LAN にしか対応していないので、イーサーネットのハブがついた Wifi の子機を置いてそこから有線でつないでいる。最近その子機の調子が良くないので買い換えようと調べてみたんだけど全然見つからない。どうなってるんだ。

幼児語の罪

卑劣な営業妨害をした最低のゴミ屑犯罪者たちを「ぺろぺろ男」とか「ぱくぱく男」といった赤ちゃん言葉で呼ぶのはあまり感心しない。

子供のやった他愛もないいたずらであるかのような印象を与えかねないからだ。

除雪の具

軽量でたくさんの雪を運ぶことができる除雪器具は「ママさんダンプ」と呼ばれている。もともと商品名だったと記憶している。一般名は「スノーダンプ」だが、ママさんダンプという呼び方がよく使われていた(除雪する機会がなくなったので今は解らない)。

この「ママさんダンプ」という呼び方は力がなくても除雪できることから名付けたらしいが、そろそろ別の名前に言い換える動きがあっても不思議じゃない。あるいは「スノーダンプ」に統一するか。

市町村の疎

地図から北海道の市町村名を4択で選ぶ「ブラック北海道民」というクイズをやってみた。

ぜんぜんできなくて「まだ住んで歴が浅いですか」と言われた。60年近く住んでるって。札幌市民は他の市町村に疎いんだよ。

醤油の味

「醤油ができました」
「ほう」
「まずは何もつけないでなめてみてください」
「何を?」
「指です」
「指か」
「次に醤油をつけて指をなめてみてください」
「醤油の味だな」
「でしょ?」

未知の語

知らない言葉がトレンドワードになっていると、その言葉の意味を知りたくてついクリックしてしまうん。

だのに該当ツイートを見ても何を言ってるのかさっぱり解らない。結局その言葉の意味も解らないままだ。たぶん一生解らない。


それでは、また明日。