昨日の泥

けれど夕日はお前と仲間の髑髏を映す

なせば成る

日記

またテレワーク。次の出社は来週の水曜だ。

ここ数週間謎の耳折れ感がある。耳たぶの上側が折れた状態で深めの帽子をかぶったときのような感じ。右耳だけ。

Zoom会議の時はおとなしくしているだいずだが、今日は腹が減ったのかにゃあにゃあうるさかった。発言するとき以外はマイクをオフにしてるので問題はなし。不二子は電話をしてると横から私にもしゃべらせろとうるさかったので、いまいたら会議に参加したがっただろう。

いろいろ

スタイル・カウンシルのカフェ・ブリュ(CAFE BLEU)が発売されたとき、LPのジャケットを見て「ブルーの綴、間違ってる」と思った。フランス語だと知らずに。恥ずかしい。

かくせい遺伝という言葉を「親も祖父母も親戚も〇〇じゃない。私は覚醒遺伝か」みたいに使われているのをたまに見るんだけど、これは本来は隔世遺伝だと知った上での造語なのか知らずに使っているのかが気になるところ。

エジプト

「なせば成る、ナセルはアラブの大統領」はなぜエジプトじゃなくてアラブなんだろう。エジプトだと語呂が悪いからだろうか。と思って調べたらナセルが大統領に就任中、最初の数年を除いてエジプトの国名が「アラブ連合共和国」だったことが解った。

f:id:motomachi24:20210529092918j:plain

Wikipedia によると王国だったエジプトが共和制になってから、

国号はエジプト共和国(1953年 - 1958年)、アラブ連合共和国(1958年 - 1971年)、エジプト・アラブ共和国(1971年 - 現在)と変遷した。

とのこと。私が生まれる前から国名にエジプトがなく、再びエジプトが含まれるようになったのは6歳くらいのときか。知らないのも無理はない。