昨日の泥

けれど夕日はお前と仲間の髑髏を映す

小料理屋を気取って

日記

昨日は結局ワインを小さいグラスに2杯だけ飲んだ。一般的なワイングラス1杯分弱というところ。そういえば書いてなかったけど、うちでは白ワインをワインと呼び、赤ワインを赤ワインと呼ぶ。

駐輪場が再開したので4ヶ月ぶりの自転車通勤となった。自転車に乗らないと前傾して体を支えることがないのであまり使うことがない二の腕が疲れた。

それにしても、12月1日〜3月31日までという閉鎖期間をもう少し縮めて欲しい。12月15日くらいまでは乗れる日もあったし、3月15日以降もほぼ乗れた。閉鎖期間を3ヶ月くらいにしてもらえたらありがたいのだが。一年の 1/3 という閉鎖期間は長すぎる。

「自分は会社づとめに向いてないので退職して〇〇をはじめた」という人がいるけど、会社づとめに向いてる人というのはそんなに多くない。でも大半が辞めないのは他に向いてるものが見つからないからだろう。辞めて〇〇をはじめたって人はそれを見つけられた人だ。何が言いたいのかと言うと「会社づとめに向いてない」を才能だと思うなよ。

いろいろ

蔓延を一部だけひらがなにして「まん延」と書くのは小料理屋を気取ってるからだ。

干支にちなんだ名前が多いのは辰年じゃないだろうか。クラスに自分を含めて3人いたことがある。

吉田羊は未年なんだろうかと思って調べたけど年齢非公表だった。本名も羊右子らしいので、未年ぽい。違ったら違ったで面白い。

ネットでエイプリルフールネタにエイプリルフールと書くようになったあたりからエイプリルフールの衰退が始まった。そのまま現在に至っている。あと「エイプリルフール」派と「エイプリールフール」派が喧嘩したら面白いんだけど、両派とも相手の存在に気づいてないみたいだ。

エイプリルフールを「卯月莫迦」と書くとなんか漫画家のペンネームぽい。

f:id:motomachi24:20210401234651j:plain 与党は「子ども庁」新設を提言しているそうだ。もし作られたら担当相は「子ども大臣」だな。