昨日の泥

けれど夕日はお前と仲間の髑髏を映す

マンガを読みまくってる

日記

連休最終日。今回は仕事をまったくしないだけではなく、仕事のことを考えないことにしていたんだけど、明け方仕事の夢を見てしまった。情けない。

だいずが10歳になった。年齢的にもう子猫は迎えられない(譲渡会でも断られる)ので、もしかしたら最後の猫になるかもしれない。元気で長生きして欲しい。

10年前うちにきたときのだいず。モカとねねが様子を見に来て怒って帰り、不二子は様子を見に来ることすらなかった。 motomachi24.hatenadiary.org

いろいろ

f:id:motomachi24:20210726075924p:plain 最近マンガを読みまくってるんだけど、終末のワルキューレ憂国のモリアーティ、約束のネバーランドと「漢字のカタカナ」というタイトルのものが多い。あと SPY x FAMILY も読んだ。これも "間諜のファミリー" にすればいいのに。

後輩を「~の子ら」とか呼ぶのが大嫌いだ。そういうのは例外なく「年齢以外の数字で勝てる自信がない」そして「数年後に後輩に助けてもらわないと生き残れない」情けないやつの言い方だ。私はいくつ年下でも自分を脅かす存在としか思ってないので常に「~さん」だし、丁寧な口調で話す。プロ野球で自分の子どもより年下の選手をそうよぶお爺ちゃん監督やコーチがいい出したのだろうか(だとしても嫌だ)。それが体育会系に広まり芸人が真似して一般社会にも広がったのだろうか。