昨日の泥

けれど夕日はお前と仲間の髑髏を映す

理由とかいて「わけ」

日記

一昨日、部分的にだけどうっせーわ(という曲)を聴くことができた。最近、流行している音楽についてはツイッターなんかで「こんな曲があるよ」という文字情報として目にすることはあっても音自体はなかなか耳に入ってこなかった。もしかしたらそれはここ一年半くらいお笑いライブにほとんど行ってなかったせいかもしれない。

f:id:motomachi24:20210219013414j:plain

昨日見たちょっと前のドラマで「サルがシンバルを叩くおもちゃ」に仕掛けられた時限爆弾が爆発するというシーンがあった。その番組の最後で隅に小さく「番組中のサルのおもちゃは本来の使い方ではありません」みたいなことが書かれていた。それが本来の使い方だと思っている人もいるのかもしれない。

f:id:motomachi24:20210219013444j:plain

今週は昼食をサラダチキンバーにしている。糖質を取らないこと以外に昼食にかける時間が短くなったというメリットがある。朝出勤途中に買うので、昼にコンビニへの往復がゼロになるし、ゆっくり食べても3分程で食べ終わる。あと安い。

橋本聖子五輪担当相はオリンピック・パラリンピック組織委員会会長に就任するにあたって、国務大臣副大臣及び大臣政務官規範」に基づき大臣職を辞任するらしい。酔ってセクシャルハラスメントをすることは得意でも職務をまっとうすることは苦手な方のようだ。スポーツ選手や元スポーツ選手はそのような方しかいないので仕方がない。

iOS の次のアップデート注射器の絵文字から血が消えるらしい。今は注射器に血が入っていて外にも数滴描かれている。過剰な対応だと思う。

Edy へのチャージ

楽天カードを使って買い物をしたときに付与されるポイントはいつも Edy のチャージに充てている。かつては PC に繋いだリーダーに Edy カードを乗せて PC 上の操作でチャージができたのに、なぜか仕様が変わってリーダーがチャージに使えなくなってしまった。代わりにまずネットで楽天ポイントから Edy への振替操作を行う → ファミリーマートに行く → 店頭にある機械を使ってカードにチャージするという面倒な手続きが必要になってしまった。

それがやっと一昨年くらい前から iPhone をカードにかざしてチャージできるようになったので、今はチャージのためだけに遠いファミリーマートに行く必要がなくなった。Edy は主にコンビニでの買い物につかっている。

チャージが便利になったような気がするが、一度不便になったのが解消されただけだ。

理由(わけ)

ブログやツイッターなどで「流行る」という表記が照れくさくて使えない。「はやる」または「流行する」と書いている。

なんか演歌とか歌謡曲の歌詞の当て字を連想してしまうからだ。理由とかいて「わけ」とか、瞬間とかいて「とき」とか、感触とかいて「タッチ」とかそういった当て字みたいで恥ずかしくなる。いや、歌詞で当て字を使うことが恥ずかしいんじゃない。歌詞だったら引っかかりを作るために日常と違う言い方をあえて使うということはあるだろう。少なくとも「歌詞で当て字をつかうのは恥ずかしい」と言うような攻撃的な人間ではないつもりだ。歌詞みたいな当て字を普段自分が書く文章で使うのは自分をなにかのストーリーの中に置こうとしているみたいだと感じて恥ずかしくなってしまうんだと思う。

ただ「流行る」は表記としてあまりにも定着しすぎているので、理由と書いて「わけ」と読ませることに対しては抵抗感があるけれど「流行る」に対しては抵抗がないという人も多いだろう。私もたまたま恥ずかしいと思ってしまっただけで、別の当て字を無意識に使っているかもしれない。

和製英語

DPZ の記事で FPS という言葉を「ファースト・パーソン・シューティング」と解説していた。FPS は「ファースト・パーソン・シューター」じゃなかったっけ?と思ったんだけど、私は FPS をやったことがなくそれどころか海外ゲームも全然知らないので、おそらく思い違いだろうと思ったものの念のため一応確認してみたところ、和製英語ではあるものの国内では「ファースト・パーソン・シューティング」として定着しているので、少なくとも記事を書いた人が間違えている訳ではないようだ。私の記憶も間違いではなかったけど古すぎたようだ。

私は「和製英語だから間違い」とか「その言葉は英語圏では通じない」と得意げに指摘する人がどちらかというと苦手なので、これからは積極的に「ファースト・パーソン・シューティング」と呼ぶことにしよう。

フレットレスベース

フレットのあるベースもろくに弾けないのに、フレットレスベースも欲しくなった。いま「ろくに弾けない」と書いたが、実際のところ全然弾けない。見栄を張ってしまった。見栄晴だ。

フレットレスベースと言ってもたくさんあるけど、欲しいのはジャズベースと呼ばれるカテゴリのベースだ。その他諸条件を加味すると対象は2つに絞られる。ひとつはコストパフォーマンスが良い安価な製品、もうひとつは常識的な範囲でそれなりの価格の製品だ。後者は前者の約4倍の価格となる。

安価な製品も昔と違って模造品ではなく正規のメーカーの許可を得て作られていて、自分が楽しみたくて弾く上では何の問題もない。一方、それなりの価格の製品は持っていると自慢できるし音もきっと良いはずだ。ただし弾きこなせないことへの罪悪感は大きいだろう。

前者は節制すれば買えるが、後者は買えるまでしばらくかかる。こういう場合はうじうじと長期間悩んで結局どちらも買えないというパターンが多い。そもそも2ヶ月くらい調子が悪いミキサーも文句言いながらまだ使ってるし。