昨日の泥

けれど夕日はお前と仲間の髑髏を映す

瞳孔・眩・手帳

9連休6日目

札幌駅まででかけ半年に一度行く事になっている眼科の検診に行った。糖尿の場合、足や目に症状が現れる上に無自覚である場合が多いらしい。今回も結果は異常なし。前回持参するのを忘れた手帳にも記載してもらった。今回は眼底検査の際に差す瞳孔を広げる目薬が聞きすぎたのか、診察後いつもよりも眩しく感じられたうえに効き目が長く続いた。

帰りにビックカメラで前から欲しかったヘッドフォンを見てみたら入荷していた。というか眩しくてよく解らなかったがそう見えた。ただ、現金の持ち合わせがなかったのと眩しかったせいもあって今回は見送った。

糖尿病の薬を変更した際、医師にこの薬に変えたら献血が可能になるか聞いてみたら、できるかもしれないけど問い合わせた方がいいと言われたので、献血ルームに行ってみることにした。眩しかったのでチカホを通った。アスティの方が札幌駅から近いのだが特に考えなく大通にしたら大通献血ルームは月に一度の定休日だった。改めて調べたらアスティの方は定休日が違っていたので、またチカホを通って(まだ眩しかったから)札幌駅に戻りアスティに向かう。おくすり手帳を見せて事情を説明したところ、今の薬でもやはり駄目だと言われた。なんとなくそうなるんじゃないかと思ってた。

夕食を食べながら刑事7人を見た。