昨日の泥

けれど夕日はお前と仲間の髑髏を映す

03月02日(月)

食事

朝食はなし。昼食はおにぎり2つ。

アンプ

先日買った雑誌 Digi-Fi の No.17 に付録でついてくるアンプは通常のステレオアンプとして使用可能なだけでなく2台用意することでバイアンプと呼ばれる構成にすることができる。よく分かってないので、詳細は省略するがバイアンプというのは、2台のアンプをそれぞれを右チャンネルと左チャンネル専用として使う方法らしい*1

付録のアンプは下の写真のように基板しかないので、何かケースに入れるのが望ましい。と言っても付録のアンプなのでケースは普通に売られているわけではなくて自作するか、通販で買うしか無い。ところが、先日までは通販で帰るケースは高価なものしか発表されていなかった。どれくらい高いかというと、アンプがついてきた雑誌よりもかなり高い。その高価なケースを2つ買うとなるとかなりの価格になってしまうため、バイアンプ構成は諦めかけていたところ、1つのケースに基板を2枚収納できて、比較的安価なケースが販売されたので、早速予約し Digi-Fi No.17 ももう1冊買った。

バイアンプ構成の場合は通常のスピーカーではなく左右それぞれに2系統の入力が可能なスピーカーが必要となる*2。当然ながら家にはそのようなスピーカー(バイワイヤリング対応というらしい)はない。昨年、これまたやはり雑誌の付録についてきたユニットを使って作ったスピーカーを改造してバイワイヤリング可能にすることを考えていたんだけど、なんだか難しそうなので思い切ってスピーカーを買ってしまおうかとも考えている。候補は TEAC の S-300NEO でこれが3万円弱となる。合計するとかなりの出費だけど、ここ何年かカメラを買ってなかったのでよしとしよう。

f:id:motomachi24:20150302205924j:plain

*1:もっと厳密な定義があるのかもしれない。

*2:箱の裏側にある赤と黒の端子が2組ついてる。