昨日の泥

わりと毎日更新しています。

高く付いたベータ

親譲りの好奇心で小供の時から損ばかりしている

7月11日

  • El Capitan のベータ版をメインで使っている MacBook Pro にインストールしてみた。
  • バックアップは常に取っているので駄目なら元に戻せば良いだけだと軽く考えていた。
  • インストール後の初回起動で、プログレスバーが途中で止まり動かなくなった。

7月12日

  • そのまま翌日まで待ったが変わらなかったので、電源を切って再起動した。
  • 9 ビープと呼ばれるビープ音(SOS のモールス信号)が鳴ってから起動画面に移るが、やはり途中で止まる。9 ビープは知っていたけど実際に聞いたのは初めて。
  • ならば OS の再インストールをしようと思い再度電源を切って、コマンド + R を押して起動するが同様。その後何度試しても同じ。
  • ネットで調べると「9 ビープはボード交換」以外の情報がなく、保証期間も終わってるのでこの時点である程度の出費を覚悟。
  • オンラインで三越横のアップルストアに持ち込み予約を入れたら最短で土曜だった。仕方なく土曜で予約。

7月13日

  • 勤め先の近くのビックカメラに行った際にアップルの修理受付コーナーがあることに気づく。他店購入の品でも OK と書いてある。

7月14日

  • 昼休みにビックカメラに持ち込んだ。コーナーは混んでいたが iPhone, iPad の持ち込みや質問の人が多く、Mac は担当者が別にいてすぐに受け付けてもらえた。修理内容が決まり次第連絡してもらえることに。
  • オンライン予約はキャンセルした。

7月15日

  • iPod touch の新しいのが発表になったので 64GB を注文。
  • この日に留守電に修理内容の連絡があったが気付かなかった。具体的内容は吹き込まれていなかった。

7月16日

  • 電話で問い合わせるとやはりロジックボード交換とのこと。費用は5万円弱。税込みか聞かなかったので、5万を超える可能性もある。
  • 期間は一週間くらいとのこと。また天板に貼ってあるジョーカーのステッカーは剥がされるとのこと。もう売ってないステッカーなので残念だ。
  • 修理費用が思ったより高かったので、iPod touch を買うのはやめようかと確認したらもう出荷済みでキャンセルはできなかった。

7月18日

  • iPod touch が届いた。なかなか良い。キャンセルしなくて良かった。

7月28日

  • 留守電に修理完了の連絡が2回入っていた。ほぼ同じ内容だったけど、2回めは預かり票を持ってきてと付け加えていた。

7月29日

  • 昼休みを 30 分前倒しで取って、ビックカメラに受け取りに行く。相変わらず混んでいた。
  • ありがたいことにジョーカーのステッカーは無事だった。ハードディスク*1の中身もそのまま。
  • 費用は 44,000 x 1.08 = 47,520 円。大きな痛手だ。

*1:SSD だけど。