昨日の泥

あまり更新しません。

勝手に解説、勝手に予想!ダブルスマイルインパクト (後編)

ダブルスマイルインパク

初めての方は前編もどうぞ。

この記事は、オーギリング5月興行「ダブルスマイルインパクト」で予定されているカードについて、第5勢力(観客のことを勝手にこう呼んでます)の末席メンバである私が厚かましくも事前解説を行い、勢いで勝者予想もやっちゃおうというものです。オーギリングをまだ見たことがない方や、久しぶりに行くんだけど最近の選手動向はどうなってるんだろうという方の予習としてお役に立てれば幸いです。

詳しくは、公式サイト をご覧ください。予約はこちらから。

以下、雰囲気を出すため大変失礼ながら敬称略で進めさせて頂きます。

二十時興行

20時興行の対戦カードは次の3試合となっています。こちらも17時同様、乱入により予定通りのカードとならない場合があります。

解説に入る前に、前編で書き忘れていたことをひとつ。告知ページによると、今回は実況・解説・レフェリーが2興行で入れ替わります。実況はいつもの市場と何度か解説として参加していた横澤、解説とレフェリーは鶴・氏次が十七時と二十時で入れ替わりとなります。鶴は今回初めて解説を行うことで「リングアナ、レフェリー、選手、解説」の4役での出場を達成することになります。また通しでリングアナをつとめる佐々木琥太郎も選手としての出場を望んでいるとの情報もあり、前々回の鶴と同様に出場することもあり得ると予想しています。

追記:公式サイトにて追加発表があり、十七時興行は「実況:市場ひびき/解説:横澤章悟/レフリー:氏次啓」となったそうです。

前置きはこれくらいにして,各カードの事前解説と予想に移りましょう。

小原アルト&佐々木さん VS ロボ1号&ロボ2号 with 博士

タッグトーナメント一回戦第二試合は今回の対戦の中で最も因縁深いカードとなりました。ただし、この2名と2体が絡んだ対決は数多くあるものの、この4選手だけが舞台上で戦うのは初めてのこととなります。

個人的にはロボット軍団のファンなので、普段はどんな仕掛けをしてくるのか楽しみにしているのですが、今回はタッグトーナメント上の試合なので、ロボット軍団による仕掛けはないのではないかと予想しています。つまり「18年来」のアルト vs. ISHIHARA、そしてペドロ軍団の佐々木さん vs. YAMADA が純粋に大喜利力のみで勝負をする初めての試合となるのではないでしょうか。

実績から言えば、愛すべきチンピラキャラからそれに似合わぬ不思議な回答を繰り出す a.W.o の核弾頭アルトと、下ネタからかわいい系まで幅広くこなす実は器用な a.W.o の飛び道具佐々木さんのコンビが優勢だと思いますが、全オーギリング選手中、三上と並ぶ突拍子もないワードセンスを持つ ISHIHARA 、好不調の差が飛び抜けて大きい YAMADA によるタッグはツボに入れば飛距離が大きいだけに接戦も予想されます。

予想:お世話になったので「ロボ1号&ロボ2号」

菊池旭 VS 三浦セピア

こちらも因縁の対決、そしてダブルスマイルインパクトで唯一のシングル戦となりました。a.W.o の現リーダーである菊池は、旗揚げ興行でセピアが師弟対決を望んだことがきっかけでオーギリングに参戦した選手です。その師弟対決では菊池が勝利しています。今でこそトッププレーヤーのセピアからは想像もつかない伝説の「デビュー4連敗」の3敗目の試合となりました。菊池はその後正規軍メンバーとして安定した活躍をしていたのですが、これまたセピアの提案により「真の実力者集団」としてホワイトスターズが結成されたことにより正規軍が解体してしまいました。トップクラスの実力を持ちながらホワイトスターズに選ばれなかった菊池は無所属の選手として、普段は断面図としてコンビを組む a.W.o 山本と三度の対戦を行い、ついには a.W.o に加入するに至ったわけです。

こう考えると、穿った見方をすれば菊池をオーギリングに引き入れたのも、a.W.o に追いやったのもセピアではないかという気がしてきました。 裏では策士山本と頭脳派喰魔骸の暗躍があるとは言え、なぜ菊池は a.W.o に加入したのでしょう?ポーカーフェイスの菊池からはその心情を伺い知ることは難しかっただけに、今回の対決でその一端を垣間見ることができるのではないかと期待しています。

予想:強い菊池が見たいので「菊池旭」

中島マコト&楽太郎&? VS 長万部さとうくん&アキト&三上翔

ダブルスマイルインパクトの最終戦は会場が一番熱くなる団体戦が組まれました。東京進出のため次回で卒業することとなったさとうを中心とした38万パワーズは仕切りのうまいヤギを欠くとは言え、団体戦においては万全とも言える布陣です。一方、ホワイトスターズ側として発表されたメンバーはと言えば最後の一人が解っていません。

いったい最後の一人は誰なのでしょう?ホワイトスターズとして過去2回の参加経験がある「GJ」、前回セピアとタッグを組んだ「Chihiro」が順当な線だとは思いますが、もう一人だけ気になる選手がいることに気が付きました。今回名前が上がっていない「小林つばさ」です。山本とは違う意味で「何をしでかすかわからない」、言ってみればゴブリンのように無邪気でいたずら好きの小林がひょっこりとホワイトスターズに混ざって場をかき乱すかもしれません。

追記:こちらも公式サイトにて追加発表がありました。ホワイトスターズ三人目の選手は GJ とのこと。もはやホワイトスターズ準レギュラーとも言える GJ がまた大暴れしてくれることを期待しています。

いずれにせよ、観客を湧かせるのが得意な選手が揃っているという点では、最も楽しめるカードではないかと思われます。

予想:新チームでの戦い方に慣れてきたアキトが爆発して「38万パワーズ」の勝利

おまけ

以上、全6戦の事前解説と予想でした。試合が終わってからもう一度見て「あいつ全然外れてたよ」と笑って頂ければ幸いです。

最後に、オーギリング観戦7つ道具を挙げておきます。4つだけど。

  1. お金(入場料、パンフレット、DVD、紙テープなどなど。前回はポラ撮影もありました。小銭があった方が良いかも)
  2. 筆記用具(アンケート記入用。会場にもありますが、後ろの席だと借りにくいので)
  3. カバン(紙ものが豊富。フライヤーだけじゃない)
  4. スマートフォンツイッターvine に加入しておくと吉。ハッシュタグ #オーギリング を素早く出せるようにしておこう) *1

会場での写真撮影には、シャッター音をオフにできる A Better Camera (残念ながらアンドロイドのみ)がオススメです。

それでは、5月5日、会場でお会いしましょう。チャオ。

*1:私のアカウントは @vetigastropoda (twitter)、 @gadd9 (vine)です。