昨日の泥

けれど夕日はお前と仲間の髑髏を映す

中抜けはしない・パズル的・説教

朝食はなし&東西線で出勤。東西線は今日も東西に走っていた。画像は朝の札幌駅周辺。

f:id:motomachi24:20181226091716j:plainf:id:motomachi24:20181226125539j:plainf:id:motomachi24:20181226125629j:plainf:id:motomachi24:20181226125700j:plain
朝の札幌駅

昼食はローソンで買ったのり弁。小さい弁当じゃないと量が多いと感じるようになった。ただ、量が多いと感じてからもたぶんその3倍は食べていられると思う。

午後、仕事中に病院から電話がかかってきて先日の検査の結果をお知らせしたいので来て欲しいと言われた。病院は職場から歩いて1分くらいで行けるのだが、今年もあと少ししか無いので中抜けはしないで年が明けて、会社がまだ休み中の1/4に行くこととなった。

ロダンの考える人はなにを考えているか?」に対する答えは「何も考えていない、見ているだけ」が正解らしい。「考える人」と名付けたのもロダンとは別の人とのこと。というか、そもそもブロンズ像が何かを考えるはずないではないか。「ロダンは考えるで像にしたかったのは何を考えている人か?」と問うべきではないか。それならば「何も考えないで一点を見つめる人間の姿」と答えることもできたであろう。

…と思ったけど、その前に「物が何も考えていない」ということを証明できるのだろうか?できないのではないだろうか。「ロダンの考える人も何かを考えている」と言っているではない。「ブロンズ像が何かを考えているとしても考えていないとしてもそれを証明できない」という話だ。

バスで帰宅。夕食を食べながらクイズ番組を見た。クイズ番組はパズル色が薄れて、知識を問うものが増えてきた。その知識も学術的なものの比率が減ってきている。一方でパズル的な問題は知識を必要としないものが増えている。面白いと思う。

夕食後フラッシュシーズン4を見終えた。3より良かった。アイリスが少しまともになったんだけど、逆に説教臭くなったのが鼻につく。あと敵がどうして負けたのか解らない。