昨日の泥

けれど夕日はお前と仲間の髑髏を映す

平熱

昨日は仕事のあと、スペースアートスタジオに夢カンパニーの月例ライブ The Dream 笑を見に行った。直前まで行くかどうか迷ったが、入場者が少なそうなこともあって、行くことにした。会場では、座席の間隔がいつもの倍くらいあり、ステージと客席の間も広く取られていた。また会場の広さを考えると客数はかなり少なかった。感染リスクとなる「密集」「密接」は避けられ、「密閉」も完全ではないが避けられていた。加えて出演者も念のため検温して平熱を確認しているとのことだった。

これが十分な対策なのかどうかは解らないし、もしかしたら実施すべきではなかったのかもしれないが、少なくとも現時点でのバスや地下鉄の利用よりはリスクが少なかったのではないだろうか。判断を放棄してすべてを凍結しなければならない時期が来ないことを願ってやまない。「今が既にそうだ」って人もいると思うが。

年度が変わり勤め先には新しく人が入ってくるため、小規模な席変えが行われることとなった。幸いにも自分は良い席に移動することができた。しかも移動先はいま空席となっている場所なので、前日に移動することができた。背後はマグネットが使える金属壁で右隣は窓、左隣は少しだけ機材が置かれた空席という今までで最も良い席だ。ボールペンカチャカチャから遠ざかることができたのも嬉しい。

「かわる」という漢字の使い分けを間違うことが多い。変化するのが「変わる」で、二者の役割を交換するのが「替わる」で、ある者が行うはずだったことを別の者が行うのが「代わる」だ。気をつけていても間違うことがあるので「かわる」って書くこともある。あと「換わる」もあってこれは、減少としては交換される「替わる」だけど、交換された事によって古いものの代理を新しいものが務めるというニュアンスもあるので「代わる」でもある。面倒だ。しかも人間に対しては使われない。面倒だ。

書いてて気づいたんだけど「つとめる」も使い分けが面倒だな。務める、勤める、努める、勉める…

日本語の中に英単語を書く際の空白のあけ方をどうしたら良いか、いまだに決められない。今は原則として半角て前後の全角文字との間に半角空白を入れている1のだが、まずこれがなんか間延びして見えるし、空白がないと窮屈に見えてしまう。どうしたものか。

「昨日は The Dream 笑を見ました」

「昨日はThe Dream笑を見ました」

iOS では画像に余白を追加するアプリケーションが意外と少ない(Android は探してない)。あるにはあるんだけど、高度な編集ツールの機能の一部を利用することで実現している。単純に縦横比を指定するか候補から選んで、画像を選ぶと左右か上下に余白を出してくれるだけでいいのに。あとは余白の色や画像形式が指定できれば良い。

あるサービスの契約内容変更ページがあって、そこから「重要事項確認」等のボタンを押すと、ページが見つかりませんと表示される。サイトのお問い合わせページからその旨を伝えると「契約内容に関してはメールでお答えできません」との回答が帰ってきた。契約内容変更ページだから種類選択で「契約について」を選んだからだろう。文面読めよ。


  1. 例外として前後の全角文字が句読点の場合は空白を入れないことにしている。これは問題なし。

ベンティ

老人によるマスクの買い占めを防ぐために老人が買えないマスクを作るというのはどうだろう。サイズをトール・グランデ・ベンティにするのだ。売り場を尖ったデザインにするとか。

余計な心配かもしれないが、こんな事態になるとは思わずコロナと名付けられた子供さんはいたりしないだろうか。子供どうしのいじめも心配だが、もっと心配なのは馬鹿な年寄りがからかったりしてないかという点だ。そういうことをするのは自分が悪いことをしたとは微塵も思わない連中だ。それどころか世の中のせいしたがる。

オリンピックの開催予定日が決まったらしい。開催日を決めるということは「この日までにこうなってなかったら中止にする」という判断のリミットも当然決めているのだとはおもうが、もしかしたらそうでもないのかもしれない。「なんとしてもこの日に開催する」で乗り切ろうとしてたら嫌だな。神頼みとか言ってるし。

トイレットペーパーの一時的な不足や今も続くマスクの不足ほどは、アルコールスプレーやジェルの不足が話題になっていないのはなぜなんだ?お手元のリモコンのボタンを押して欲しい。

  • 赤 不足してない
  • 青 必要とされてない
  • 黄 いや話題になってる

3Dプリンタが気になって引き続き色々調べている。このくらいのものから始めれば良いだろうってのが見えてきた。部屋が片付くビジョンがまるで見えてない。

後に広い世代が楽しむようになったため消滅した概念ではあるが、私が子供の頃、ドリフターズはある程度の年齢になったら「卒業」するものだったような気がする(もちろんひょうきん族の開始も無関係ではない)。志村けんは私にとっては卒業後のメンバーだ。なので知識としては知っていても思い出が全然ない。アイーンもバカ殿もそれを真似する子供たちで知った。リアルタイムで見た記憶があるのはヒゲダンスあたりまでかもしれない。もちろん悲しくて残念であることに変わりはないが。

前座

昨日のサンデーソングブックでは志村けんの回復を祈って「ヒゲのテーマ」とそのもとになったテディ・ペンダグラスの曲「Do Me」がかけられた。カバーとはちょっと違って Do Me の印象的なベースラインをそのままメロディにしたインストロメンタル曲だ。あとヒゲのテーマにはアキラ100%の登場曲として使われているイントロがあるが、Do Me には当然ない。

この2曲を聴き比べるとヒゲダンスでは

ドシラソ ラソミ ラソミ "ソラソ"

となっていたメロディが Do Me のベースは、

ドシラソ ラソミ ラソミ "ラソミ"

だったことに気づいた。ヒゲのテーマの方が好みだ。

そのあとの ドミソ シソミ ラソミ ソラソ は同じだ(キーは違うけど)。


ドリフターズビートルズの前座をやったことについて変なツイートを見たので、知ってることを書いておく:

論外アホか:志村けんドリフターズのメンバーとしてビートルズの前座をつとめた。

たぶん間違い:ドリフターズビートルズの前座をつとめたときに志村けんは客席で見ていた。

たぶん本当:ビートルズの前座を別のバンドがつとめたときに志村けんは客席で見ていた。


MacBook Pro のバッテリーが膨らんできた。ゴム脚より膨らんでるので、キーボードを打つとがたつく。交換の必要があるかないかを問い合わせたいが、買って1年以上経つのでサポートチャットに繋いでもらえない。アップルストアが札幌にあった頃は予約して持ち込めたのに、いまはビックカメラのアップルサービスプロバイダまで持っていかないといけない。予約できると良いのだが。

調べた。予約できるようだ。来月中に持って行こう。普段外付けディスプレイで使ってるので気にならないのだが、ディスプレイも部分的に色が若干おかしいし。

前の MacBook Pro も同じくビックカメラ経由で修理を依頼してバッテリー交換をしてもらったんだけど、その時は

・修理にかかる前に費用を連絡する → 無償サポート期間を過ぎてたのに無料だった、ラッキー

・データはクリアされるかもしれない → されなかった、ラッキー

・天板交換の場合はステッカーを諦めて → 無事だった、ラッキー

・あとは特になにも言われなかった → キーボードが勝手に JIS 配列になっていた。注文時のデータを確認してもらい、US 配列に戻すことに。

といった経緯で戻ってきた。今回は「キーボードはUSですのでお間違いなく」と念を押しておこう。


調理器具の売り込み文句でよく「水を一滴も使わない」というフレーズを見かける。そんなに水が入ってたらダメなんですか!2位じゃ駄目なんですか!

パスワード

Windows PC が不安定になってきた。動作途中に固まったりすることが多い。ほぼ、タイマー録音と Windows でしか使えないツールのためにしか使ってないがなきゃないで困る。今使ってるのは2014年に買った小型の半キット製品だ。クリアしてインストールしなおせば良いのかもしれないが、OSのライセンスをどうすればいいのかわからない、あと MacOS でいうタイムマシン的なバックアップが取れるのかを調べるのも面倒だ。どうしたものか。

あ、いまパスワードを打ち間違ったかな?と入力途中で気づいた時は最初から打ち直すのが最も効率が良いと経験的にわかっている。間違ったと思う場所までバックスペースして打ち直してもかなりの高確率で失敗する。

ウィルスは生き物ではないという人と生き物だという人がいる。それは生き物の定義の違いによるらしい。生き物じゃない場合、生き物ではないのに害を及ぼす状態から無害な状態に移行するのが面白い。あとウィルスが無力になった状態を「死んだ」と言っていいのだろうか?

ウィルスが生き物であろうとなかろうと「殺菌」はなんか違うだろうと思う。消毒はなんとなくOK。ただし、毒ってなんだろう?という新たな問題が出てきた。一方、抗菌素材がウィルスに対しては無力なのかどうなのかも気になっている。抗菌の菌は何を指しているのかって話になる。きっちりと真菌や細菌ですよってことなのか、もっと広いのか。

よくミステリで「犯人は右利きだが、Aさんは〇〇をしていたときに右手を使ってたので犯人じゃない」みたいな展開がある。たいてい何かの瞬間をちらっと見ただけで相手の利き腕を決め付けている。あほだ。自分は箸とペンとボール投げは左だけどスプーンと歯ブラシとハサミは右だしマウスとカッターはどっちも使うしとばらばらなので、見られた瞬間によって聞き手が違って見えるので犯人になりにくい筈だ。

ゼロ

朝、にじいろジーンを見たら最終回だからかベッキーが出ていた。番組中、山口がベッキーより3倍なんだかに興味があると言ったらベッキーは私はその5倍と言っていた。どちらも嘘はついてないだろうから、どちらも興味はゼロなのだろう。0の3倍は0だしその5倍も0だ。

午前中に皮膚科に行きいつもの液体窒素を両腕と両脚と背中に吹き付けてもらった。背中は手が届きにくいせいかかなり良くなった。あとは腕と脚だ。その前に一番目立つ手もなんとかしたいところ。

帰りに自販機の写真を撮った。http://twitter.com/wmjstg 数ヶ月ぶりだが色や形は変わっていなかった。

あとはコンビニに買い物に行ったくらいでおとなしく過ごしていた。

こう言った同心円を「うずまき」と呼ぶのが許せない。これはかなり本気で許せない。

99

かつてヒットした"99 Luftballons" というタイトルのドイツ語の曲があったんだけど、英語でのタイトルは "99 Red Balloons" となった。歌詞に出てこない Red が加わっている。更に日本で発売する際には「ロックバルーンは99」という意味不明なタイトルになった。余計なことをしないのも仕事だと思うのだが。

ねねがステゴサウルスのまねをしていた。

井上陽水の傘がないという曲では「今朝来た新聞の片隅に書いていた」という歌詞がある。いまなら「新聞が配達されるということは、高齢者がいる実家暮らしの人か年配の人の歌だ」と思われるだろう。新聞を購読してないと教養がない人と思われた時代があったこともそろそろ風化しようとしている。それはいいことだろう。

第七世代という言葉は安易に使われすぎて、ざらざらになっている。使う方も嫌々使う時期を通り越して空気みたいに使ってる。テレビでその言葉を聞くと うべぇってなる。

「将来の夢は?」 「父のような立派な模範囚になることです」

突然のジョーク。

首都圏のコロナ拡大で小池知事の寝言公約「満員電車ゼロ」が実現してしまったらしい。おまけに今日は、現在の科学技術では不可能と言われていたプレミアム・フライデーまで実現してしまったらしい。プレミアム・フライデーと呼べるかどうかはともかく。

この時期のテレビはどうしてこうもつまらないのだろう。特番とかいらないし、スペシャルは人気番組だけでいいから、いつもどおりの番組をやって欲しい。

いろいろ調べてたら今更ながら3Dプリンタが欲しくなってきた。値段は思ったより下がっているし、世界標準みたいな機種もある。フィラメント(材料となるぐるぐる巻きのアレ)もいろんな材質のものがある。データを作るツールは古いのを持ってるし、フリーでも良いのがあるらしい。

あと表面を綺麗にする機械もちょっと高いけどあるらしい。買うとしたらまず置く場所を作らなくては。

商品券

昨日の続き。iPhone の顔認証は設定画面でクリアして再度顔登録を行おうとしたが、認識開始の前で iPhone を上に動かせ下に動かせと同じことを何度も指示され奴隷のように従った挙句エラーとなってしまった。これは顔認識のセンサが故障したのかと思ったが、念のため電源オフとオンをしてみたら正常に戻り、無事登録できた。設定クリアの前に電源を試すべきだった。

和牛商品券は馬鹿の出した馬鹿な案でしょう?それを見出しを見ただけで国の構想だと思える方がめでたすぎるのでは?低俗なニュース番組を見ていろいろ買い占める老人とやってることは同じだ。

…と言いたいところだが、「それいいね」って本当に国が採用しないとも限らないからなあ。

蝸牛商品券ならどうだろう、のんびりしていていいじゃないか。使い道はともかく。

休業補償として配るのは現金か商品券かで対立しているようだ。現金が最も効果的に決まってると思うのだが、両者の言い分を満たす手段として「時限紙幣」というものを思いついた。これは「使用期限があることを除いて、通常の通貨と同じように使える紙幣」だ。「貯蓄できない」「用途を制限しない」ことを目的としている。いろいろ抜け道がありそうなので、通常の通貨への換金は金融機関に限定した方がいいだろう。

ウィルスの最初の音は西洋の主要な言語では「ビ・ヴィ・ヴァイ」と濁音で発音される。一方、日本での呼称が「ウイ」または「ウィ」と濁らないのはラテン語由来らしい。いろいろ飛び越えてる。

買い占めについては「控えた人が後で苦労する」という事態を解消しない限り、弱い人が怖さに負けて買い占めを始めて、それが連鎖してしまうというのが痛々しい。あと「充分あります」という呼びかけは「買い占めをする人がいなければ」を前提としてるので、あまり意味がないのではなかろうか。